ウェットタイプ

キャットフードの保存方法に関して

キャットフードはどのように保存していますか?
ドライフードや缶詰は買いだめしている家庭も多いと思いますが、保存方法によっては猫を危険な目に合わせてしまうこともあります。
まずドライフードですが、開封後は2~3か月が賞味期限ですが、保存料が入っていない無添加フードだと1か月で与え終わりましょう。

開封したキャットフードは見た目には分からないものの封を切った途端に酸化していきます。
カビが生えたり、風味が落ちて猫の食いつきが悪くなります。
袋の開けた部分をクリップで留めたり輪ゴムでくくるだけではなく、密閉できるフードストッカーで保存するのががおすすめです。

中身を移し替えてしまうと、賞味期限や表示が分からなくなるので、袋ごと入れられる容器が人気です。
乾燥剤を一緒に入れておき、日が当たらず湿気の少ない場所に置いておきましょう。
缶詰やパウチタイプのウエットキャットフードの場合も、高温になるところには置かないようにします。
風が適度にとおる棚やパントリーが最適です。

たくさん買いだめしたキャットフードを冷凍したいという方もいらっしゃいますが、その際も注意が必要です。
口を密閉できる袋に小分けして、空気をしっかりと出して簡易的な圧縮状態にすることを忘れずに。小分けは一回分か一日分など、食べきれる量だけを少しずつ保存しましょう。
冷凍すれば3~4か月は保存が可能です。

与える際は、冷蔵庫に移して冷凍を溶かします。
そしてしばらく常温に置いてヒンヤリ感がなくなってから与えないと食べてくれません。
キャットフードを保存するのが大変だという方は、たくさん買い込まないように気を付けましょう。



このページの先頭へ