ウェットタイプ

キャットフードお勧め生産国に関して

私たち人間が食べる食材でも、産地偽装や基準値を大幅に上回る添加物が使われていることがたびたび発覚し、問題になります。
外国で作られるものに対して警戒し、できるだけ国産にこだわって買い物をする人も多いと思います。
しかし、キャットフードについてはどうでしょうか?
私たちが口に入れるものではないので、味の変化などは当然分かりません。


商品ラベルに書いてあることがすべてです。
キャットフードのラベルには、原産国が書かれていますが、これは「最終的にどこの国でこのキャットフードが作られたか」という意味です。
つまり、外国の魚や肉を使っても、キャットフードとして加工したのが日本であれば、「MADE IN JAPAN」です。

輸入のキャットフードの場合、船便で日本にやってきます。
高温多湿の日本でも耐えられるような梱包や容器の工夫が見られる製品が多いようです。
ただし、酸化防止剤を使っているキャットフードが圧倒的に多いのも事実。

たとえば、アメリカやヨーロッパのフードは、ごく微量ならば酸化防止剤の使用が認められています。
発がん性がある酸化防止剤でないのか気になるところですが、詳しく書かれていないことが多いです。
ではどの国で生産されたキャットフードがおすすめなのか。

それは、人間の食べ物も含めて、食品添加物への規制が厳しい国、ということになります。
ペットの食べ物の食品添加物に関する記事などは少ないのですが、人間の食べ物についての記事はたくさんヒットします。
独自に調べてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ